字:宮本沙海

主宰 熊谷 弘

「日本の音楽展」のあゆみ

指揮者・熊谷弘の提唱により1979年1月、9名の演奏家たちにより開始、以来、毎年1月に定期的に開催される。西洋音楽から学んだ日本のクラシックの演奏家たちが自国の音楽に目を向け、所謂、現代音楽に限る事なく自ら作品を選びそれを演奏し、優れた日本の音楽を広める事をコンセプトに開始された。開始から5年目の1983年より五日間に拡大、1986年より会場を草月ホールに移し、1997年より6日間連続で開催される。更に、東京公演に加え2010年より14年まで横浜みなとみらいホー ルにて「横浜特別公演」を実施。地方公演では、1986年3月、福岡(福銀ホール)及び筑後(筑後市 民会館)、2008年2月、サザンクス筑後例会(サザンクス筑後大ホール)に招かれる。

1988年、主宰者・熊谷弘は、「日本の音楽展10年の実績」に対し、演奏家たちと共に 第6回中島健蔵音楽賞を受賞。1997年、「日本の音楽展」20周年を記念して「日本の 音楽展・作曲賞」を設立。選考委員に作曲家の佐藤敏直・廣瀬量平・松村禎三・三善晃の四氏を迎え作品を募集する。22作品に「日本の音楽展・作曲賞」が授与され、11作品が「日本の音楽展」において初演される。

2001年、ズイホー産業株式会社元代表取締役会長小島五夫氏のお申出により、「日本の音楽展・ズイホー賞」を設立、「日本の音楽展」に寄与する演奏家たちに毎年特別功労賞及び特別奨励賞等が授与される。

延べ2000余名の演奏家たちの参加を得て500余名の作曲家による3000曲を越える作品を演奏する。本年、44回目を迎えた。

 

Copyright 2018 Sido Music Planning Co.,Ltd. All rights reserved.

http://www.sido-music.com/

シド音楽企画

SIDO MUSICPLUNNING CO.,LTD

日本の音楽展とは?
作曲家メッセージ
2022年「日本の音楽展
(XLIV)」
演奏会記録Sido-music_Plaza__ri_benno_yin_le_zhantoha.htmlSido-music_Plaza__ri_benno_yin_le_zhan_zuo_qu_jiamesseji.htmlSido-music_Plaza__2022nian_ri_benno_yin_le_zhan.htmlSido-music_Plaza__2022nian_ri_benno_yin_le_zhan.htmlSido-music_Plaza__ri_benno_yin_le_zhan_yan_zou_hui_ji_lu_I-V.htmlSido-music_Plaza__2022nian_ri_benno_yin_le_zhan.htmlshapeimage_4_link_0shapeimage_4_link_1shapeimage_4_link_2shapeimage_4_link_3shapeimage_4_link_4

ごあいさつ            日本の音楽展」主宰 熊谷 弘


本日は、ご多忙の中にも拘らず多数ご来場いただき、誠に有難うございます。「日本の音楽」は、毎年1月に開催してまいりましたが、本年はコロナ禍の影響により、誠に勝手ながら、7月に変更させて戴きました。心よりお詫びいたします。


「普通の音楽はやらないのですか?」

1996年、「日本の音楽展」の福岡公演に先立って行われた記者会見席上での某新聞記者の質問であった。

20世紀の後半になって、世界の作曲家たちは独自の創作活動を展開していた。

Sido-music Plaza
日本の音楽展shapeimage_7_link_0
コンサートガイドSido-music_Plaza__konsatogaido.html

アーティスト紹介

CD SHOP SIDOSido-music_Plaza__CD_SHOP_SIDO.html

シドメンバーズクラブ

シド音楽企画についてSido-music_Plaza__shido_yin_le_qi_hua.html

演奏研究会

熊谷 弘

オーディション

日本の作曲家たちも、多くの優れた作品を発表していたが、それらの作品は、西洋音楽で云う近現代の作品であり、日本の音楽といえば現代音楽であり、それは特殊な音楽、つまり普通の音楽とは思われていなかったのである。

従来の日本の音楽愛好家達や某記者達の云う音楽とは、明治維新以来、輸入され普及した西洋のクラシック音楽を指し、日本の音楽は普通の音楽から除外されているらしい。

西洋音楽に魅せられ音楽を学んだ日本の演奏家たちは、当然の事ながらヨーロッパの音楽を中心に演奏してきた。勿論、音楽愛好家達に支えられての活動である。しかし、これらの音楽は、私達日本人にとっては借りものの文化に過ぎない。音楽する技術や楽器は輸入できても、心までは輸入する事は出来ないのである。一部の音楽愛好家を除き、一般的にクラシック音楽に対する感心が低いのは、そのせいかも知れない。

音楽は時の流れと共にあり、音は時間と共に消え去ります。音楽は演奏されることにより今に甦り、人々の心の中で生き続けます。感動は記憶の一部として心の奥に刻まれることでしょう。

  優れた作品は繰り返し演奏され、名曲になります。

「日本の音楽」がより多くの人々に認められ、世界の音楽として認知される日を夢見ながら、演奏家の皆さんと共に、愛する「日本の音楽」を演奏し続けたいと思います。

1979年に開始しました「日本の音楽展」は、お陰さまで本年43周年を迎えました。お力添えいただいた諸先輩、友人達、積極的にご参加いただいた演奏家の皆さん、そして又、何よりも先に、今日まで「日本の音楽展」を支えて下さったご来場の皆様に心より感謝し、厚くお礼申 し上げます。

今後とも、「日本の音楽展」をよろしくお願い申し上げます。


                          2021年7月「日本の音楽展(XLIII)」プログラムより