字:宮本沙海

主宰 熊谷 弘

「日本の音楽展」プロフィール
 指揮者・熊谷弘の提唱により1979年1月29日、東京・青山タワーホールにて9名の演奏家たちにより開始、以来、毎年1月に定期的に開催される。「日本の音楽展」は、西洋音楽から学んだ日本のクラシックの演奏家たちが自国の音楽に目を向け、所謂、現代音楽に限る事なく自ら作品を選びそれを演奏し、優れた日本の音楽を広める事をコンセプトに開始された。賛同する演奏家たちも広がり、開始から5年目の1983年より五日間に拡大、1986年より会場を草月ホールに移し、1997年より6日間連続で開催される。更に、東京公演に加え2010年より14年まで横浜みなとみらいホールにて「横浜特別公演」を実施。地方公演では、1986年、福岡(福銀ホール)及び筑後(筑後市民会館)、2008年、サザンクス筑後例会(サザンクス筑後大ホール)に招かれる。
 1988年、ミュージックディレクター、及びプログラム構成に当たっている主宰者・熊谷弘は、「日本の音楽展10年の実績」に対し、演奏家たちと共に第6回中島健蔵音楽賞を受賞。
 1997年、「日本の音楽展」20周年を記念して「日本の音楽展・作曲賞」を設立。選考委員に作曲家の佐藤敏直・廣瀬量平・松村禎三・三善晃の四氏を迎え作品を募集する。2008年1月までに22作品に「日本の音楽展・作曲賞」が授与され、11作品が「日本の音楽展」において初演される。
 2001年、ズイーホー産業株式会社元代表取締役会長小島五夫氏のお申出により、「日本の音楽展・ズイホー賞」を設立、「日本の音楽展」に寄与する演奏家たちに毎年特別功労賞及び特別奨励賞等が授与され、2006年まで継続される。
 公演回数は地方公演(福岡・筑後)も含め現在196回に至り、延べ2000余名の演奏家たちの参加を得て500余名の作曲家による3000曲を越える作品を演奏する。その間、「日本の音楽展」に於ける演奏家と作曲家の出会いによる新しい作品も数多く生まれている。http://www.sido-music.com/



 

Copyright 2010 Sido Music Planning Co.,Ltd. All rights reserved.

http://www.sido-music.com/

シド音楽企画

SIDO MUSICPLUNNING CO.,LTD

 ごあいさつ
日本の音楽展」主宰 熊谷 弘

 日本の音楽は、私たち日本人にとって掛け替えのない素晴らしい財産です。演奏家達は自ら作品を択び、聴衆と共に日本の心に触れたいと願っています。  毎年1月は「日本の音楽展」の月となり、私は、仲間達の演奏する日本の音楽に浸りながら、まるで“ふるさと”に帰ったような気持ちで過ごしています。
  明治以来、日本の作曲家の精力的な活動により、私達は、世界にも誇れる多くの優れた作品に恵まれ、今なお新しい作品が生まれています。これらの作品はまさに“日本の私たちの音楽”であります。作品は演奏を通して蘇り、名曲は繰り返し演奏され人々の心に残ります。自国の音楽に接する機会が極めて少ない現状を思うとき、私たち演奏家に課せられた使命が大きなものである事を痛感させられます。 http://www.sido-music.com/
Sido-music Plaza
第九と皇帝Sido-music_Plaza__di_jiuto_huang_di.html
第九を歌う会Sido-music_Plaza__di_jiuwo_geu_hui.html
日本の音楽展shapeimage_11_link_0
コンサートインデックスSido-music_Plaza__konsatoindekkusu.html
コンサートガイドSido-music_Plaza__konsatogaido.html
アーティスト紹介Sido-music_Plaza__atisuto_shao_jie.html
CD SHOP SIDOSido-music_Plaza__CD_SHOP_SIDO.html
シドメンバーズクラブSido-music_Plaza__menbazukurabu.html
シド音楽企画についてSido-music_Plaza__shido_yin_le_qi_hua.html
演奏研究会Sido-music_Plaza__shido_yin_le_qi_hua___yan_zou_yan_jiu_hui.html
 演奏家達は自らを演奏に託して表現し、その音楽が人の心に受止められて初めて音楽の意味やよろこびを感じることが出来るのです。 日本の音楽がより多くの人々に受け入れられ、やがて “世界の音楽”となる日を夢見ながら、演奏家たちと共に愛する日本の音楽を演奏し続けたいと思います。
  1979年に開始しました「日本の音楽展」は、おかげ様で本年37年目を迎えました。今日まで「日本の音楽展」を支えて下さった多くの方々のご厚情に心よりお礼申しあげます。
  今後とも、「日本の音楽展」をよろしくお願い申し上げます。  
                                     2015年1月http://www.sido-music.com/

熊谷 弘

第九合唱研修生

オーディションSido-music_Plaza__shido_yin_le_qi_hua___odishon.html